FC2ブログ

王都警備隊 

★サイト★ Windy Hill

「王都警備隊」 (完結) 作者 洸海様

 かつてスラムで育ったリーファは盗みをしながら日々を生活していたが、レズリア国の王と出会い、彼に拾われる。拾われたというと聞こえは悪いが、彼はリーファに新しい家族とたくさんの誠意を与えてくれた。
 祖国とは異なる言葉も文化も努力して学び、そしてようやくこの国に慣れた頃に彼女が望んだもの。それは警備隊の一員になることだった。

<感想>

 ファンタジー小説大賞にエントリーしていた中で見つけたこちらの作品、面白かったです……!

 元は盗人として生活していた主人公のリーファ。偶然にもこの国の王に拾われ、居心地の良い居場所を与えてもらう。それはリーファにとって幸運な事だったんだろう。そのおかげで彼女は人並み以上の生活を送れることになったのだから。
 けれど彼女は与えてもらうばかりではなく、少しでもその気持ち、恩に報いる為に彼女は少しでも彼が愛する国を守る手伝いをしたいと思い、警備隊へ志願をする。物語はそんな所から始まります。
 ……自分で書きながら何か違うような気がしてきました。書いたことは全部事実だと思うんですけど(笑)リーファのその恩に報いたいという想いは真剣だけれど、何ていうかそんなに堅苦しくはなくて(私が堅苦しく書いてしまったんだ)キャラクターたちはもっともっと気さくで明るくてドタバタしています。
 物語は異世界ファンタジーですがミステリの分類のようで、内容は警備隊に様々な事件が絡んできてそれをリーファが解決していくという感じ。

 リーファが少しずつ、まわりに助けられながらも事件を解決していくのも面白かったですがーー登場するキャラクター達がみんな魅力的で、とても愛しかったです。リーファは読んでいただけるととわかると思いますが、喋り方や態度に乱雑なところがあってあまり女らしくはないけれどー真面目で素直で、努力家で。そんなリーファを嫌いになれる訳がありません。読んでますます彼女のことが好きになりました。

 彼女を拾ったという王も一般に聞く王の姿とは全く違い、威厳がある時はあるんだろうけど基本には庶民的で、しょっちゅう城を抜け出して街に現れたりするものだから、民からもあまり遠慮がないほど。そのせいもあってか拾われた身でもあるリーファも王に遠慮がなくて、時には同年代の友人のように、家族のように接する二人のやり取りは見てて微笑ましいやらおかしいやらでとにかく楽しいんです。

 本編は事件を解明していくようなストーリーなので血なまぐさいお話も多いんですけど、それは警備隊という職についてるからには避けられないこと。でも時折入る、例えば風景だとか情景の描写はとてもやさしくて綺麗でした。番外短編もあってこちらは日々の彼らのちょっとしたやりとりが中心で、どれもこれもとっても面白かったです。主人公の恋愛というのはまだかなという感じだけれど、リーファは色んな人から思われ慕われています。色恋も含めて。リーファをとりまく環境は、やさしくてとても居心地が良いことが伝わってきました。

 全編を通してとても面白かった。こちらの作者さまの書かれる物語がとても好きになったほど。そして完結ものの「青の魔術師」もとても読みたくなりました。完結済みで他の方が紹介されてるのも見た事があって。
 ただけっこうな長編なので……時間がかかりそうです。最近中々時間が取れなくて。更新の間が一ヶ月空いてしまいましたね。と言っても焦ったりはないんですけど(スミマセン)今後もゆる~くのんびりやっていきたいと思います。久しぶりの更新でした。いつもありがとうございます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/142-cf8405a4

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ