FC2ブログ

賢者の失敗 

小説家になろう

2013、4月 書籍化されたので本編は削除されています。

 「賢者の失敗」  (完結) 作者 小声早田様

  失業中で切羽詰まっていた私。面接を受けに訪ねた会社で待っていたのは異世界から来たという胡散臭い自称賢者だった。
 見知らぬ城の庭園に放り出され、王子を狙う呪術師ではと疑いをかけられそうになった私は、咄嗟に年齢を誤魔化すが………。狡い主人公と癖のある男性達による甘くない逆ハー物語です。(作者様紹介文)
<感想>

 面白かったー!「小説家になろう」にて連載されているこちらの作品、以前から気になってはいたんですけど完結まで待ってみようかなとしばらく様子を見ていたら、つい先日無事に完結されたみたいでそれならと一気に読ませていただきました。

 話は逸れますが最近は出来るだけ完結している作品を探そうと実行中で、その中で自分の好みのものを探そうとすると中々これだと思うのに出会えないんです。ネットの中には数え切れないほどの作品があるので贅沢な悩みだとは思いますが、探す時間があまりない現在では本当に思うようには進まず。連載中のものであればもっと幅は広がるのですが、そうすると連載を追っていくのも大変で。面白そうな作品はたくさんブクマしてるんですけど。(そして文として挙げてないだけで他にも読めるだけは読んでるんですけどね)
 読まれる方にとっても、完結している方が安心して読めるかもしれないと思って最近はなるべくそのようにしています。なので今後も更新は遅いかと思いますがそれでよければまたふと思い出した時にでも覗いてくださいませ。

 さて本題に戻らねば(笑)あらすじ読んで下さった方、私好みそうってお気づきになられたでしょうか。物語は異世界トリップ、そして逆ハー…。実はこの単語はあまり好きではないのですが、そのあとの「甘くない」これにビビッときました。逆ハーなのに甘くない?それ良さそう!とすごい勢いで読ませていただきました(笑)何だか最近は本当に甘くらぶらぶなお話が苦手で…しかも王子様とお姫様とかそういうシチュエーションの恋愛にすごい拒否反応が出る勢いで。(以前は全然大丈夫だったのに好みとは変わるものです…哀)

 でもこちらの小説は!本当に甘くありませんでした。要所要所に甘くなりそうな雰囲気はあるのですが、それを主人公のサカキがほとんどスルーしていきますので。ただしそれは天然だとか言うふざけた理由でスルーする訳ではなく(何か口悪いなごめんなさい)本人の意思なのです。
 突然うさんくさい賢者にどことも知れぬ異世界に放り投げられたサカキ。まずは保身に為に自分の年を10ほど下に偽ります。まあ日本人の顔が幼く見えるというよくある理由で誤解されたのを、そのまま偽るだけなんですけどね。そして色んな意味で特徴のある男性方に出会い…好かれたり近寄られたりとまあ色々あるんです。

 男性達と言えば王子様や超絶美貌をもった方やらよりどりみどり(笑)恋愛フラグというものがあるとしたらいつ何時それが立ってもおかしくは無かったんだろうけど……彼女はことごとくそれをへし折っていくんですよー。
 騙されたように突然異世界なんかに連れてこられた訳です、憤って早く帰りたいと思っているのに、男前な方が出てきたからといって簡単に恋愛とかする方がおかしいんですよ、うん。いや恋愛がだめだって言ってる訳じゃないんですがすみません私が望んでないだけで。
 なのでこの主人公のサカキが男前な面々には全く興味を見せずに目的の為に自己中心的な行動をしているのがおかしくって。理不尽な状況っちゃそうですけど、一応はお世話になっている身なのにそれを省みず自分本位な行動をするのでまじかと思いました。後々それは彼女は反省をするけども、何でもいいこちゃんでまわりに従ってばかりの主人公よりはそういう多少は何かやらかしてくれる方が面白くて好き。好かれていると思っても相手にしないし、とある場面で危機に陥って、逃げろと言われて自分だけすぐさま逃げようとするし。逃げるのが悪い訳ではなく、その心を無駄にしない為ならありえる行動だとは思うけど即ってのが本当に笑えた。

 コミカルな場面も多いですが一応戦闘描写もあり、結局彼女は何故呼ばれたのかという謎は最後のほうで一気に明かされます。

 最後がまた笑ったわー。笑える場面があるんですよ。ネタバレになるので言えませんが、物語は終わりますがあらすじ通りあまり甘くない終わり方であります。ここで終わるの?!と気になる終わり方ではあったのですが、今後また番外編更新があるそうです。ゆっくりになるそうですが。最後明かされる理由についてはそうなんだという印象でしたが(サカキにとったらとんでもない理由だけど)そこに到達するまでが面白かった。甘くない狡い主人公がお好きな方是非ご覧下さいませ。久々に更新したらまたなんか長くない?!(汗)しかも何だかところどころ毒のある書き方でスミマセン…

 あと、私はエイノさんが好きです。大人の男性に弱いわたし…。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/149-a3dd9822

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ