FC2ブログ

異世界のパン屋さん 

★サイト★  香炉孤影(本館)

「異世界のパン屋さん」 (完結) 作者 河野 晶様 

 調理師の専門学校に通う悠馬は前触れもなく、たった一人の家族である祖父を残し自宅から消え、気付けば言葉もわからない世界へ飛ばされていた。剣なし魔法なし竜退治なし!の異世界トリップ・ハートフル・ストーリー。(作者様紹介文)

<感想>

 以前に紹介した「鉄色の髪の魔法師と少女」と同じ作者様の作品です。
 連載中から大好きだった作品で、完結されましたのでこちらも紹介させていただきます!

 お話はあらすじにある通り、主人公の悠馬(男)が突然言葉も全く通じない異世界へ飛ばされる事から始まります。何が起こったのかも全くわからない状況で混乱する悠馬だけれど、救いはとても親切な老人に助けられたこと。右も左もわからない世界で悠馬が出来る唯一のこと、それはパン作り。偶然飛ばされた異世界、拾ってもらった老人が営むのはパン屋さん。元の世界でも自分の祖父を手伝ってパン作りをしていた悠馬にとって、それは何にも変えられない大切な事。落ちてしまった世界では剣も無ければ戦いに巻き込まれるような事態も無く、彼に待っているのは新しい場所での日々の暮らしだった。

 言葉も通じない状態で、異世界で暮らすようになった悠馬ー。少しずつ言葉を覚え営み方も覚え、馴染む努力をしていく。努力をしても何もかもが上手くいくという訳ではなくて辛く悲しい事にも直面するけれどー悠馬には親身になって助けてくれる人の存在もあってそれを乗り越えていく。
 
 異世界トリップものでも私は戦いや救世主だのそういったお話ばかり読みたいのではなくて、こういう日々の生活を主としたお話も読んでみたかった。物語の中で起きる出来事も、ひとつひとつが悠馬を通してその感情が伝わってくる。悲しいこともある、驚くこともある、でもそれ以上にたくさんのあたたかさと感謝の気持ちをこの物語は伝えてくれるー。
 
 読んで良かった、本当に。恋愛も無ければ剣と魔法が出てくる物語ではないけれど、それでも私はこの物語がすごく好き。日々を暮らす事を目的とした物語でこういう面白い物語には中々出会えない。最後まで読んでとても心が温もりました。作中で表現されているパンもとっても美味しそうなんですよ。悠馬が異なった世界にいたからこそ生まれたパンもあるしね。悠馬の作ったパンが食べたくなりました。ほのぼのとしたあたたかい物語をお探しの方は是非ご覧下さい。素敵なお話をありがとうございました!


追記 
 番外編が更新されておりました。残されてしまった悠馬のおじいさんのお話。物語を読みながらも、悠馬が消えてしまった後のその後、おじいさんはどうなってしまったんだろうかとずっと気になっていました。番外編で語られたおじいさんのお話は、もう涙があふれてあふれて止まらなくなりました。本編を読まれた方、どうか番外編もご覧になってください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/151-28dc44c4

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ