FC2ブログ

憂色の檻 

★サイト★ たぶんWeb小説

「憂色の檻」 (完結) 作者 小株様

 渡辺飛鳥は気づけば全く知らない異世界へと召還されていた。その理由はと言えば、王女の身代わりに「黒」と呼ばれる恐ろしい化け物への生贄として。だが出会った「黒」は飛鳥から見ればなんら変わらない同じ人間のよう。
 彼女には理解し難い異世界での理、そして「黒」が恐れられる理由。元の世界に帰るために飛鳥は彼らとともに旅をすることになるがー…。

シリアスな異世界トリップもの。
(完結されたので感想を書き直しました)
<感想>

 久しぶりに一件更新させていただきます。とてもとても面白いと思える小説に出会うことが出来ました。
 こちらは世界観とストーリーの面白さにぐっと惹きこまれました。内容はと言えばシリアス、時折残酷な描写も入ります。作者さまのあらすじを引用させてもらったら「異世界召喚ものですが、乙女向きの話ではありません。美形の王子も騎士団長も貴族もいなければ、お嬢様扱い、夜会、ダンス、逆ハーレムなどのお約束も全くありません。」とのことです。私はこの文にまた惹かれて読んだんですけどね。主人公に全く優しい世界ではありません。ですが、飛鳥が召還された世界でほぼ全ての人間から忌避されている「黒」と彼女との出会い、気になられた方は是非読んでいただきたいなと思います。
 
 作中、心が鈍く痛んでしまうような箇所も多々ありました。けれど、それ以上に苦しんでいる「黒」の声も聞こえてきました。
先日無事完結されて、読み終えて、私も気が抜けたようになってしまいました。最後までシリアスな展開で、でもその結末には少しほっとしました。この物語は終わっても、彼らの先の道のりは厳しいものだと容易く想像が出来ます。ですがどうか少しでも穏やかな時を過ごせるようにと願ってやみません。

 番外編は少しですが穏やかな時も書かれていました。本当に微糖ですが私には十分でした。
 終始シリアスな展開の物語でしたがとても面白かったです。作者さまに感謝します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/152-7dfbd6c7

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ