FC2ブログ

⑦ 寝台列車 

寝台列車。
トルコ旅行記も中盤を過ぎまして、今回は寝台列車の事を書きたいと思います。
カッパドキア後の一泊は寝台列車泊があったのですよ~~
首都アンカラから、またイスタンブールへ戻る移動行程です。夜の11時出発とかで、朝8時にイスタンブールに着くので寝て起きたら目的地に着いてるという感じです。
最初はイスタンブールから始まり、地中海に沿って南へ下り、途中トルコ中央部まで進み首都アンカラへ、そして
そこから再びイスタンブール。これがすべての移動行程ですね。

列車泊、日本でも今まで経験した事がなかったのでどんなものなのかすごく楽しみでした。私の父の若い頃などは日本でもよく利用したそうですけどね。
問題は予想していたけどシャワーがなかった事ですが^^;汗をかいてほこりっぽい時はちょっと憂鬱です。

駅のホームに着いて撮った写真が一枚目。乗った列車です。
IMGP0478_convert_20110705213936.jpg
この時はもうすでにへとへとで、楽しみだったんだけどもうすぐに寝てしまおう…というくらい疲れていたので、この写真も義務で撮った感じ。
一等寝台と聞いてましたが、やはり中は狭かったです。壁側にしまってあったベッド(二段)を車掌さんが引き出してくれたんですがそれで部屋はいっぱいいっぱいです。もう通るスペースがないくらい。ベッドの上では座ったらもちろん頭がつかえます。歯磨きと顔だけ洗ってもうほんとにすぐに就寝することにしました。

ああ……思い出すだけでも、つらいわ。
この時、体の不調がピークに差し掛かろうとしてましたから。疲れてるから、絶対にすぐに眠れると思ってたのに旅の中で唯一この日だけ眠れませんでした。基本、目を閉じたら3秒で眠れる人です(笑)不眠とか経験したことが無い。でもこの日だけ本当に眠れず、夜中も何度もトイレに行くハメに…。

そして、朝を迎え……この時の私の姿を見せてあげたいくらい(笑)顔が真っ白で、かなりやつれています。かなりの水分が出ていきましたから(汗)

列車内での朝ゴハンの様子。
IMGP0483_convert_20110705214051.jpg

トルコでの朝食は、食べるものはだいたい決まっているそうでテーブルパン、チーズ、オリーブの実、少しのハム、ゆで卵。毎朝こんな感じです。ホテルでの朝食のバイキングでもこんな感じで並んでますので。オリーブの実…これ曲者。食べた経験がなかったからか受け付けませんでした。ハム…美味しいかと思いきや豚肉で出来ていないのでちょっと曲者。食べれるけどね。

そんなこんなで、体調不良はピークに差し掛かったまま、イスタンブールに着いたのでした。以下次号へ続く(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/162-5e7e003e

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ