FC2ブログ

あるりゅうにそだてられたこどものはなし 

★サイト★ RIPPLE

「あるりゅうにそだてられたこどものはなし」 (完結) 作者 かなん様


 竜の一族が暮らす土地に捨てたれた人間の赤ん坊が、黄金竜の家族たちによって育てられるおはなし。

<感想>

 こちらのお話は小説の検索をしている時に題名だけでも度々目にしていたのですが、ようやく今になって読ませていただきました。これは私が今までには読んだことの無いような文体で書かれています。とても独特。でも短いかと思うその文章のなかにいろんな想いが込められていて、読んでいくとその物語にどんどんとらわれていきました。

 自分はにんげんで「りゅう」に育てられているとわかっていない女の子「ちいさいの」
 その「ちいさいの」の成長していく過程にそってお話は進んでいきます。

 おとうさんにおかあさん、おおにいさんに、ちいにいさん。そしてやがて生まれてくるおとうと。

 皆が「ちいさいの」の事を大事に想っている。想っているからこそ「ちいさいの」の為に考える。

 本当に短い文章なのにこれだけ胸に訴えかけるような、いろんな想いを伝えてくれる物語に読みながら驚きました。
 時には笑って時には泣いて、家族の優しさと温かさと、そしてつらい想いも受け止めました。「ちいさいの」が心の面でもどんどん成長していく様を、自分も家族になったような気持ちで読み進めました。とても素敵な作品です。あたたかい。番外編も幾つかあるのですが、これもまた良い。「おおにい」や「ちいにい」の視点でのお話は読んでてとても微笑ましかった。

 今は読み終えたばかりなので、またしばらく経ったあと、もう一度読もうと思います。こちらのサイトさま、もうひとつ読ませていただいたのが「100日魔王」という作品で、とても面白かった。最後、どうなることかと思いました。こちらもオススメさせていただきます^^他にも短編がたくさんあるので皆様も是非どうぞ♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/18-0e4740da

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ