FC2ブログ

Bitter Orange, in the Blaze 

★サイト★   CountryOlives

「Bitter Orange, in the Blaze」 (完結) 作者 紅崎ナヤ様

 300年間もの長い間、力を持った貴族達に支配されてきた世界。貴族たちの揮う冷酷で残酷な支配に抗うすべも無く人々は従っていた。

 その中でそれぞれに過去を背負った者達がひとり、またひとり生きるために旅に出る。彼らはその旅の途中で出会い、共に歩んでいく事になる。各々が己の過去を振り返りーーそして、彼らの向かうその先は……。

<感想>

 大長編です。全150話、シリアスファンタジー。
 毎日数時間読んだのに一週間はかかったかな。でもとても文章力のある作者様だと思います。物語にぐいぐいと惹き込まれていきました。思わず笑ってしまう、コミカルな部分はたくさんあるのですが、後半になるにつれとてもシリアスな展開に。登場人物達は皆それぞれに重い過去を背負っていて、彼らの話は物語が進むに従って順に語られていく。そしてその上で、彼らは世界に抗う存在として戦っていくことになります。幾人もの登場人物達が出てきますが、皆が皆主人公なんだと思います。

 いつだって強気で大胆不敵、武術も極めているので実際の戦いにおいても存分に力を発揮するピュラ。彼女はいつも元気で、厳しい所も多々あるけれど仲間の事を大切に思っている。皆が立ち止まりそうな事態に陥った時でも、「何とかなる」と前向きな言葉で皆を安心させる。
 旅をしている仲間たちの普段のやりとりは、馬鹿らしくて思わず笑ってしまうような所がたくさんあるけれど(ピュラも予想したよりはるかに過激な性格で)でも段々と語られていく彼らの話に胸が痛んでいく。
 無口で冷静で何を考えてるんだかさっぱりわからなくて、日々を人に紛れて影に隠れながら旅をする青髪の剣士、スイ。その剣の腕は最上級ー。彼のふとした動作、言動に和むことは多いのに(目を開けたまま眠ってる所とかね)彼の背負ってるものもまた重くて。
 他にも、スイと一緒に旅をしてきた妖精のクリュウ。彼も理由があって、住んでいた妖精界を離れ人間の世界で旅することに。年齢は14歳だけど、実際はもっと幼く見える可愛らしい顔立ちをした少女セルピー。言動も何もかも、子供のように思えるのに、その心には秘めた想いがあって。彼女の覚悟が語られた時は、思わず涙してしまった。

 彼らは旅の途中で様々な人間に出会いその流れに飲み込まれて行く。長編だけれど、次を読みたいと思わせる力がこの物語の中にあると思います。

 後半になるにつれ、様々な想いと悲しみが綴られて胸の痛みは増すばかり……彼らが発する心の痛みがつらくて読む手が止まりそうにもなったけれど、最後まで読んで良かった。それぞれが傷つきながらも、それを乗り越えて行く姿を見ることが出来て良かった。恋愛の話はありません。が、仲間たちの絆の深さ、想いに触れることができるので無くても最後まで読んでいただけると思います。長編なので一気に読む事は出来ないかもしれませんが。おすすめさせていただきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/29-bf195d99

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ