FC2ブログ

ランチからディナーまで六年 

★サイト★   Tiny garden

「ランチからディナーまで六年」
 (完結) 作者 森崎様

 「メシ友」。播上と清水の関係は、そういう呼称から始まった。
 料理が趣味の同僚ふたりが友達になり、更に違う関係になっていくまでのお話。
 
                                      (作者様紹介文)
<感想>

 以前こちらのブログでも紹介した「一日五分間の彼」と同じ作者様の別の作品です。大好きなサイト様で、短編から長編まで作品の数は驚くほどたくさんあり読み応えは抜群。

 その中で今日ご紹介するのは、「ランチからディナーまで六年」社会人同士の「メシ友」から始まった、マイペースな二人による恋愛のお話。
 こちらはまず短編の読みきりで「ランチタイムリスペクト」というお話があり、私はそれを読んで以来この短編が大好きで、もし続きがあれば読んでみたい……と思い続けてたんです。
 それが!読者からのリクエストも多かったのか、「ランチからディナーまで六年」という作品の連載が始まり、つい先日完結されました。ずっと紹介したかったんですけど、更新もお早いので完結まで待とうと思いまして。

 面白かった……。

 ええと、私はまず短編「ランチタイムリスペクト」を読んでいましたので二人がどうなるのかを知っていたのですが(↑のお話は主人公二人が出会って5年目のお話なので、本編からするとネタばれが含まれています。)
 初めて読まれる方で特にネタばれが必要ない方は、「ランチからディナーまで六年」の一年目から読まれることをお勧めします。けれど説明させていただくと最初に短編「ランチタイムリスペクト」というお話があり、それから長編の「ランチからディナーまで六年」という作品が生まれた訳なので、その過程を知りたい方は短編からご覧下さい。

 なんか紹介がややこしくてスミマセン。ネタばれはしてしまいますが、私は短編から入って良かったなーと思っております。でもそれは好き好きですね。なんていうか……このお話はものすごくツボに入ったんですよね。本編主人公は播上という男性で、料理に関して並々ならぬ腕前を持っている人で、(最近、現実でも料理をする男性がとても増えていますが)私にとって料理が上手な男性ってものすっごいツボなんですよ(笑)すてきすぎる。

 そして彼と同期の清水、こちらが女性です。彼女も料理が好きで、その料理を接点として二人は知り合い、「メシ友」の関係になっていきます。オンラインで男性視点の小説は久々だったので、すごくにやにやとしながら読ませていただきました。主人公、播上の心が段々と変化していく様が……読んでいて微笑ましく。しかし、ほんとう~~~にマイペースな二人です。それを心して読んでくださいませ(笑)

 題名の通りランチからディナーまで六年かかってしまう二人。わたし的にはなんてゆっくりした二人なんだ!と驚いてしまうほどですが、その6年だって二人にとってはとてもとても大切な期間。
 5年目に入ってからは本当にドキドキしました。短編読んでるからどんな感じになるかはわかっていたのに。甘さでいったら控えめな方です。二人が出会ってから「ディナーまでの6年」の間、どんな風に過ごしていくのか興味ある方はどうぞ!本編は完結されましたが、また今後番外編も書かれるそうです。いつになるかはわかりませんが、それもすごく楽しみ。また長い紹介となってしまいました^^;



どうでもいい管理人の余談>
料理できる男性って本当に好きです。ってうちの旦那は全くできませんが(笑)

でもうちの実父は、かなりの料理の腕前。
うちは幼い頃より父子家庭で育った為、料理は父の担当で。
今となっては私も料理が好きでしますが、この年になっても父と一緒に台所に立って料理したりするんですよ。実家に行った時だけだけど。だって座ってていいよと言っても、気になるのか台所に入ってくるうちの父(笑)
そういう父の背中見て育ったので、料理できる男性はとても魅力的なのでした。かなり個人的な話でスンマセン。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2008niko.blog75.fc2.com/tb.php/95-b55b1039

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 ★おすすめオンライン小説紹介★ all rights reserved. Powered by FC2ブログ